三菱自、中国エンジン合弁会社が生産累計500万基…19年で達成

自動車 ビジネス 海外マーケット

瀋陽航天三菱(Webサイト)
  • 瀋陽航天三菱(Webサイト)
三菱自動車は、中国におけるエンジン生産の合弁会社である瀋陽航天三菱汽車発動機製造が、5月19日にエンジンの生産累計500万基を達成したと発表した。

瀋陽航天三菱は1997年8月に設立され、1998年より生産を開始。拡大を続ける中国の自動車市場にて、三菱向けだけでなく、多くの中国メーカーにもエンジンを供給することで、2014年に生産累計300万基、2016年に400万基を達成した。

また瀋陽航天三菱では、2009年6月から小型自動車搭載用の小排気量で軽量、環境にも配慮したMIVEC機構付の4A9シリーズの本格量産を開始し、2016年には75万基を販売。さらに現行4G6エンジンの後継である4K2を投入する等、顧客ニーズに見合った高品質な製品を提供することで事業規模を拡大、今回、生産開始から19年で500万基を達成した。

記念式典に参加した益子修社長 CEOは、「瀋陽航天三菱が生産累計500万基を達成したことを誇りに思う。また、生産累計は昨年の400万基から25%増えており、中国における乗用車市場の目覚ましい成長も意味している。我々は瀋陽航天三菱の将来に自信を持っており、引き続き中国の自動車産業に貢献できることを嬉しく思う」と述べた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集