【リコール】三菱 アウトランダーPHEV 2万3000台、走行不能になるおそれ

自動車 テクノロジー 安全

三菱 アウトランダー PHEV
  • 三菱 アウトランダー PHEV
  • 改善箇所
三菱自動車は5月18日、『アウトランダー PHEV』のエンジンに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2013年1月17日から2015年6月15日に製造された2万3179台。

エンジン制御プログラムとPHEVシステム制御プログラム、および点火プラグの仕様が不適切なため、エンジンの始動時間が短い状態でEV走行を繰り返すと、点火プラグのくすぶりが発生することがある。それによりエンジンが始動しないためEVバッテリーの充電が行われず、そのままEV走行を続けると、バッテリー残量がなくなり、走行不能となるおそれがある。

改善措置として、全車両、エンジン制御プログラムおよびPHEVシステム制御プログラムを対策仕様に書き替える。また、点火プラグを対策品に交換する。

不具合は15件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集