LC500 など北米向け全レクサス車、Xevoの車載コネクト技術採用

自動車 テクノロジー ネット

レクサスLC500の「Enform App Suite 2.0システム」
  • レクサスLC500の「Enform App Suite 2.0システム」
Xevoは5月8日、同社の最新の車載コネクティビティ技術が、レクサス『LC500』など北米向けの全レクサス車に採用された、と発表した。

レクサスが採用したのは、Xevoの「Journeyware」技術。この技術を導入したレクサスの「Enform App Suite 2.0システム」は、レクサス車のドライバーが、モバイルアプリケーションやサービスに安全に接続し、よりスマートな車内体験を可能にする。

Enform App Suite 2.0は、レクサス車用のマルチメディアシステム。 XevoのJourneywareを搭載したレクサスのEnform App Suite 2.0システムは、接続性とエンターテインメント性を向上させた。

Enform App Suite 2.0は、iHeartRadioなどの人気のあるモバイルアプリや、ガソリン価格、スポーツ、株式などのレクサス専用アプリへのアクセスを提供。さらに一部レクサス車では、Voiceboxを搭載したハンズフリーの音声認識システムにより、App Suiteの機能へのアクセスと制御が、さらに簡単かつ安全に行えるという。

北米トヨタのコネクテッド技術企画担当、Sandy Lobenstein副社長は、「Xevoの強力なJourneywareカーソリューションは、レクサスに完璧にフィットする」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集