「マツダ・ミュージアム」、ドイツに開館…日本に次いで世界で2番目

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ドイツに開館した「マツダ・ミュージアム」
  • ドイツに開館した「マツダ・ミュージアム」
  • ドイツに開館した「マツダ・ミュージアム」
  • ドイツに開館した「マツダ・ミュージアム」
  • ドイツに開館した「マツダ・ミュージアム」
  • ドイツに開館した「マツダ・ミュージアム」
  • ドイツに開館した「マツダ・ミュージアム」
  • ドイツに開館した「マツダ・ミュージアム」
マツダモーターヨーロッパは5月13日、ドイツ・アウグスブルクでマツダディーラーを営むオートフレイ氏が私設の「マツダ・ミュージアム」を開設したと発表した。

従来、マツダ・ミュージアムは、日本のマツダの広島本社のみに存在し、世界で唯一の拠点だった。今回、ドイツに開館したマツダ・ミュージアムは、私設ながら欧州初となる。

このミュージアムは、ドイツ・アウグスブルクでマツダディーラーを営むオートフレイが、マツダドイツの支援を受けたプロジェクトとして開館したもの。貴重なビンテージモデルなど、個人的なコレクションを中心に45台を展示している。

展示車両は、1960年代の『R360』、マツダ初の量産乗用車、1962年式『K360』、1966年式『ファミリア1000クーペ』、1976年式『616』など。1969年の『ルーチェRX87』、1992年の『RX-7』も顔をそろえる。

1897年に改装されたアウグスブルク路面電車の工場にあるこの施設は、広大なイベントエリア、レストラン、ギフトショップなどを併設。マツダの欧州におけるブランド発信の拠点としての役割が期待される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集