日本各地をクルマで旅したくなる季節メニュー…レクサス×SUGALABOのコラボ企画第3弾

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

高知産の「茄子」と「土佐ジローの卵」のスープ
  • 高知産の「茄子」と「土佐ジローの卵」のスープ
  • 山形産「佐藤錦」と「つや姫」のリオレ
  • 高知産の「茄子」と「土佐ジローの卵」のスープ
  • 大分産「冠地鶏」のミラノ風カツレツ
  • レクサス×SUGALABOのコラボ企画第3弾
  • 須賀洋介氏
  • インターセクト バイ レクサス東京の外観
ブランド体験スペース「インターセクト バイ レクサストウキョウ」は、世界的シェフの須賀洋介氏が代表を務めるSUGALABOとともに、日本各地の魅力を発信するメニュー第3弾の提供を5月10日より開始した。

SUGALABO 須賀シェフは、毎月自らの足で日本各地を訪れ、その土地の匠のこだわりや食材の良さに出会い、日本の魅力を掘り起こす「食材探しの旅」を続けている。レクサスは、「日本の各地にクルマで旅し、日本の魅力をもっと知ってもらいたい」という想いで、地域に眠る魅力を発掘する活動にこれまでも取り組んできており、須賀シェフの「食材探しの旅」がブランド活動に共鳴するものとして、コラボレーションが実現した。

2016年10月にスタートしたこの取り組みの第3弾となる今回は、高知産の「茄子」と「土佐ジローの卵」のスープ(1300円)、大分産「冠地鶏」のミラノ風カツレツ(2300円)、山形産「佐藤錦」と「つや姫」のリオレ(1500円)の3品を季節限定メニューとして用意する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集