ベントレー、赤字幅が縮小 第1四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向

ベントレー・ベンテイガ
  • ベントレー・ベンテイガ
  • ベントレー・フライングスパー V8
  • ベントレー・ミュルザンヌ
  • ベントレー・コンチネンタル GT V8 S
英国の高級車メーカーで、フォルクスワーゲングループに属するベントレーは5月3日、2017年第1四半期(1~3月)決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は3億6100万ユーロ(約448億円)。前年同期の3億7600万ユーロに対して、4%減だった。

また、第1四半期の最終損益は、3000万ユーロ(約37億円)の赤字。前年同期の5400万ユーロの赤字に対して、赤字幅が縮小している。

第1四半期の世界新車販売台数は、2030台。前年同期比は0.1%のマイナスだった。ベントレーは、「赤字の縮小は、為替相場やコスト削減努力によるもの」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集