ポルシェ、営業利益は8%増 第1四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向

ポルシェ911カレラ
  • ポルシェ911カレラ
ドイツのポルシェは5月4日、2017年第1四半期(1~3月)の決算を明らかにした。

同社の発表によると、売上高は55億ユーロ(約6820億円)。前年同期に対して、2%増加した。

また、第1四半期の営業利益は、9億6700万ユーロ(約1200億円)。前年同期に対して、8%の増益を達成している。

第1四半期の営業利益率については、前年同期の16.7%から17.6%へ、0.9ポイント上昇。高い収益性を実現した。2017年通期に関しては、前年並みの営業利益の達成を目指す。

ポルシェ取締役会のオリバー・ブルーメ会長は、「ポルシェの成功は、極めて魅力的な車種ラインナップに基づいている」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集