首都高や海ほたるで特別街頭検査---52台のうち、26台に整備命令書を交付

自動車 テクノロジー 安全

東京・首都高速9号上り、辰巳第1PA
  • 東京・首都高速9号上り、辰巳第1PA
  • 千葉・東京湾アクアライン、海ほたるパーキングエリア
  • 茨城・風返峠交差点
国土交通省関東運輸局は、東京・千葉・茨城運輸支局管内で不正改造車を排除する特別街頭検査を実施し、合計26台に整備命令を発令した。

特別街頭検査は、首都高速9号線上り・辰巳第1パーキングエリア(東京)で4月28日23時から29日6時まで、東京湾アクアライン海ほたるパーキングエリア(千葉)で4月29日18時30分から22時まで、つくば市臼井の風返峠交差点(茨城)で4月29日21時から30日5時までそれぞれ実施した。

不正改造の検査は合計52台実施した。東京が26台、千葉が6台、茨城が20台。このうち、違法な灯火器の取付け、最低地上高不足、騒音基準を満たさないマフラー取付け、触媒装置の取外しなど、不正改造されていたことから整備命令書を交付したのは26台。東京が17台、千葉が2台、茨城が7台だった。

整備命令の交付を受けた自動車の使用者は、必要な整備を行い、最寄りの運輸支局、自動車検査登録事務所で車両の確認を受けることが義務付けられる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集