アルファロメオ 4C/4Cスパイダー、創業107周年記念の特別仕様…国内初導入のカーボンパーツなど装備

自動車 ニューモデル 新型車

アルファロメオ 4Cスパイダー 107thエディション
  • アルファロメオ 4Cスパイダー 107thエディション
  • アルファロメオ 4C 107thエディション
  • アルファロメオ 4C 107thエディション
  • アルファロメオ 4C 107thエディション
  • アルファロメオ 4C 107thエディション
  • アルファロメオ 4Cスパイダー 107thエディション
  • アルファロメオ 4C 107thエディション
  • アルファロメオ 4C 107thエディション
FCAジャパンは、アルファロメオ『4C』および『4Cスパイダー』に創業107周年を記念した特別仕様車「107thエディション」を設定し、5月1日から6月30日までの期間限定で受注を開始する。

特別仕様車は、ミッドシップスポーツ 4C/4Cスパイダーのスポーツパッケージ装着車をベースに、国内未導入のカーボン製パーツなどの内外装オプションを特別装備。現行モデルでは唯一1000万円を超えるスポーティかつプレミアムな1台となる。

エクステリアは、カーボンエアインテークを備えたフロントバンパーをはじめ、カーボンドアミラーカバーやカーボンサイドエアインテークを採用。さらに4Cにはカーボンルーフパネルを、4Cスパイダーにはカーボンロールバーカバーを備え、軽量化した4C/4Cスパイダーのデザインをよりスポーティに演出する。また、足回りにはスポーツサスペンションに加え、ハイグリップ使用のレーシングタイヤを標準装備。さらにアクラポヴィッチ製デュアルモード付チタニウムセンターエグゾーストシステムを備える。

インテリアは、シートカラーによりレッド、イエローまたはブラウンのステッチが施されたレザーインストルメントパネル&ドアパネルを採用するほか、カーボンインストルメントパネルインサート、カーボン調シフトボタンベゼルなど、上質かつスポーティな洗練されたスタイルへアップグレード。またアルパイン製プレミアムサウンドシステムも特別装備する。

価格はともに1070万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集