【上海モーターショー2017】日産が中国市場を牽引するSUVを充実、プロパイロットを想定した近未来セダンも

自動車 ニューモデル モーターショー

19日の午前10時より始まった日産のプレスカンファレンス。牽引役となるSUVを充実させる
  • 19日の午前10時より始まった日産のプレスカンファレンス。牽引役となるSUVを充実させる
  • 若い世代向けにフレッシュなデザインと手頃な価格帯を実現する「KICKS」
  • フロアにおいてあるも、なぜかドアはロックされていたKICKS
  • KICKSの運転席側
  • KICKSの助手席側
  • KICKSの後席シート
  • オレンジ色のルーフでフローティング感覚を生み出した「KICKS」
  • KICKSのリアビュー。コンパクトながら存在感のあるデザインだ
日産は、4月19日、上海モーターショー2017においてプレスカンファレンスを開催し、中国市場の多様なニーズに応える革新的な技術を搭載し、画期的なデザインが特徴の複数の新型車を公開した。

公開した新型車は、中国初公開となる小型SUV『キックス』、ピックアップトラック『ナバラ』、コンセプトカー『Vmotion 2.0』、『エクストレイル』マイナーチェンジモデル。

キックスは昨年よりブラジルなど南米市場向けに展開中のモデル。日産車共通のV字型グリルをはじめ、ブーメラン型ヘッドライトも力強さとスポーティーさを醸し出す。中国でのターゲットは1990年以降に生まれた世代で、その意味でセグメントとしてはエントリーSUVとなる。また、同名は三菱『パジェロミニ』のOEM名としても2012年まで日本国内で使われてきていたが、それとは全く別の流れを汲む車種だ。

エクストレイルは、中国で最も売れている日産のSUVのひとつ。今回の改良は外観ではよりハイセンスなスタイルを実現し、インテリアでは新しいDシェイプのステアリングと最大限に活用されたスペースを特徴とする。ラインアップには5人乗りと7人乗りを用意。サイズと実用性の値頃感は今まで通り踏襲する。

ナバラは日産初となるSUVテイストのピックアップトラック。こちらにも日産車と一目でわかるVモーショングリルと未来的なヘッドランプを特徴とする。中国では初となる7速ATを搭載しており、パワーと高性能を実現しているのも見逃せないポイントだ。

一方、Vmotion 2.0コンセプトは、日産のセダンデザインとインテリジェント モビリティの将来の方向性を示すものとして中国初出展された。搭載したプロパイロット技術によってドライバーおよび乗員に最高の快適性を提供する。将来的には高速道路や渋滞時、市街地での自動運転が可能になるレベル3~4を想定しているという。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集