【モータースポーツジャパン2017】アウディがブース初出展、エンジン始動デモンストレーションも実施

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

モータースポーツジャパンに初出展したアウディ
  • モータースポーツジャパンに初出展したアウディ
  • モータースポーツジャパンに初出展したアウディ
  • モータースポーツジャパンに初出展したアウディ
  • モータースポーツジャパンに初出展したアウディ
  • モータースポーツジャパンに初出展したアウディ
  • モータースポーツジャパンに初出展したアウディ
  • モータースポーツジャパンに初出展したアウディ
  • モータースポーツジャパンに初出展したアウディ
4月15・16日に東京・お台場で行われた「MOTOR SPORT JAPAN 2017 Festival in Odaiba」に、アウディが初めてブースを出展。レーシングカーを含め、3台の車両を出展し来場者から注目を集めていた。

今年で12回目を迎えるモータースポーツジャパン。今までは国内の主要メーカーが中心となってブース展開していたが、そこに今年はアウディも参入。メインとなる特設走行エリアのすぐ脇にブースを構えていたということもあり、2日間とも多くの来場者が訪れていた。

ブースのには、先日のスーパー耐久開幕戦でデビューしたTCR規格の車両、アウディ『RS3 LMS』をはじめ、市販モデルの『TT RS』と『R8』を展示。2台の車両ともに車内への乗り込みは自由で、1日に何度かはスタッフが『R8』に乗り込み、エンジン始動デモンストレーションを披露。迫力あるサウンドを響かせていた。

今年はSUPER GT、スーパー耐久をはじめ、積極的に国内レースに本格参戦しているアウディ。このモータースポーツジャパンでの出展を皮切りに、今後の日本国内での活動にも注目が集まりそうだ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集