ボルボとオートリブ、自動運転と運転支援システムのソフトウェア開発を開始

自動車 テクノロジー ITS

オートリブとボルボカーズの首脳
  • オートリブとボルボカーズの首脳
スウェーデンのボルボカーズは4月18日、オートリブ(Autoliv)との合弁会社、「Zenuity」が、自動運転および運転支援システムのソフトウェア開発を開始した、と発表した。

オートリブは、自動車安全システムの世界的な先進企業。グローバルな高級車メーカーが、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転テクノロジーを新規開発するため、一次サプライヤーと提携する取り組みは、世界初となる。

Zenuityは、スウェーデンのイェーテボリが本社。さらに、ドイツのミュンヘンと米国のデトロイトでも事業を展開。当初はボルボカーズとオートリブから、それぞれ約200名の従業員が派遣され、中期的には600名以上の規模に増員される見通し。

Zenuity最初の先進運転支援システムの製品は、2019年に発表される予定。ボルボカーズのホーカン・サムエルソン社長兼CEOは、「Zenuityの事業開始により、自動運転技術の提供に向けて、ステップを刻む」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集