三菱 RVR、岡崎製作所から水島製作所へ生産を移管

自動車 ビジネス 企業動向

三菱RVR改良新型
  • 三菱RVR改良新型
  • 三菱自動車の水島製作所(資料画像)
  • 三菱自動車の名古屋製作所岡崎工場(資料画像)
三菱自動車は、小型SUV『RVR』の生産について、2017年12月末より、岡崎製作所(愛知県)から水島製作所(岡山県)へ移管すると発表した。

岡崎製作所では現在、RVRのほか、『アウトランダー』『アウトランダーPHEV』、年間約23万4000台を生産しているが、新型小型SUV『エクリプス クロス』の生産開始に合わせ、国内生産体制の最適化を図る。

一方、水島製作所では、輸出向け『ランサー』(日本名:『ギャランフォルティス』)『アイ・ミーブ』『eKワゴン』『eKスペース』など約35万5000台を生産。ランサーは2017年12月に生産終了予定で、今回の対応により次期『RVR』投入までの操業を確保する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集