【SUPER GT】九州オートポリスでの2季ぶり開催を前に、現地公開タイヤテストを実施 4月17~18日

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
オートポリスで開催された 2015年SUPER GT 第7戦
  • オートポリスで開催された 2015年SUPER GT 第7戦
  • オートポリスで開催された 2015年SUPER GT 第7戦
  • オートポリスで開催された 2015年SUPER GT 第7戦
  • オートポリスで開催された 2015年SUPER GT 第7戦
  • オートポリスで開催された 2015年SUPER GT 第7戦
  • オートポリスで開催された 2015年SUPER GT 第7戦
4月17~18日、大分県のサーキット「オートポリス」で、SUPER GTの公開タイヤテストが実施される。当地2シーズンぶりのSUPER GT開催となる5月の今季第3戦に向けての重要なテストであると同時に、九州地方のファンにとってもSUPER GTの走りを見られる貴重な機会となる。

昨春、九州地方を襲った地震による影響はオートポリスにも及んだ。そのため昨季はオートポリスでのSUPER GT シリーズ戦は開催が不可能な状況に。だが、オートポリスは関係者の尽力によって約半年の休止期間を経たのちに営業再開、昨年11月にはスーパー耐久の最終戦を開催するまでに“復活”を果たした。

そして今季は2季ぶりに(2015年10月31日~11月1日の同年第7戦以来、約1年半ぶりに)オートポリスでSUPER GTのシリーズ戦が開催されることとなった。5月20~21日に今季第3戦がスケジュールされている。

今回の一般公開タイヤテストは開幕戦岡山(4月8~9日)の約1週間後というタイミングで、オートポリスでの実戦からは約1カ月前という頃合い。SUPER GTには複雑なテスト規制ルールがあるため、公式合同テストのようにほぼ全車が参加ということにはならないが、タイヤ戦争のあるカテゴリーだけに事前テストは重要なファクターとなる。

そして九州地方のSUPER GTファンにとっても、このテストは貴重な機会だ。走行時間は両日とも10~12時と14~16時の計8時間たっぷり予定されており、入場料金は高校生以上500円(駐車料金含む)とリーズナブル(中学生以下は親権者同伴なら無料。他にオートポリスのライセンス会員・ファン会員等も無料入場可能)。

参加チーム等の情報はオートポリスの公式サイトで順次公開される予定。コース体験走行(別途参加料金2000円/1台が必要)もあり、平日開催ながらオートポリスは多くのSUPER GTファンで賑わうことになりそうだ(注意:天候等の影響によってスケジュール、プログラムが変更となる可能性あり)。

なお、SUPER GTは今週末(8~9日)に岡山国際サーキットで今季開幕戦を迎えるが、開幕後も公式合同テストがあり、6月17~18日は宮城県のスポーツランドSUGO(7月の第4戦開催地)、6月30日~7月1日には三重県の鈴鹿サーキット(8月の第6戦開催地)で、それぞれ前哨戦的な実施が予定されている。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集