ひたちなか海浜鉄道、国鉄型気動車を臨時運行 4月8・9日

鉄道 エンタメ・イベント
ひたちなか海浜鉄道唯一の国鉄型気動車・キハ205。
  • ひたちなか海浜鉄道唯一の国鉄型気動車・キハ205。
ひたちなか海浜鉄道は4月8・9日にキハ205の臨時運行を実施する。

キハ205は1965製の国鉄型気動車で、1996年に岡山県の水島臨海鉄道から譲渡されたもの。現在は国鉄色に塗り替えられ、ひたちなか海浜鉄道唯一の国鉄型車両として在籍している。

今回の臨時運行は、金上駅最寄りの陸上自衛隊勝田駐屯地で行なわれる一般公開に合わせたもの。運行時刻は、那珂湊11時31分発~勝田11時46分着・12時04分発~阿字ヶ浦12時31分着・12時42分発~勝田13時09分着・13時17分発~阿字ヶ浦13時44分着・13時59分発~勝田14時26分着・14時40分発~阿字ヶ浦15時07分着・15時16分発~那珂湊15時27分着・15時51分発~勝田16時06分着・16時19分発~那珂湊16時33分着。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集