【ホンダ レブル 西海岸LA試乗】本場のカスタムビルダーも「超クールだぜ!!」…丸いスイングアームが面白い

モーターサイクル 新型車

アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル500。
  • アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル500。
  • 「Lucky Wheels Garage」のカスタムビルダー、エディンストンさん。
  • 新型レブルのスイングアームは丸い断面を持つ。写真はレブル300。
  • 「Lucky Wheels Garage」のカスタムビルダー、エディンストンさんと、北米試乗会に参加したバイクジャーナリストの青木タカオ。
  • 新型レブルのスイングアームは丸い断面を持つ。写真はレブル500。
  • アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル500。
  • アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル300。
  • アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル500/300。
米国カリフォルニア・ロサンゼルスで開催中のホンダ『レブル500』と同『レブル300』のメディア向け試乗会。

ニューモデルの試乗会といえば、いつもならハイウェイをスッ飛ばし、郊外のワインディングへ出掛けて、終始ハイペースで限界性能ギリギリのところを試しつつ、そのバイクの持つ性能を「あぁだ、こうだぁ」と言うところだが、今回はそうじゃない。

新型レブルに乗ったジャーナリストらはロス市内をノンビリ流しつつ、設定されたいくつかのチェックポイントを通過。スタート地点となるベニスビーチ沿いのホテルに戻るという、じつに自由気ままな試乗コースが用意されている。

ライディングだけに限れば2時間ほどで回って来られてしまう設定コースを、ランチブレイクを含め夕方までに帰ってくればいいのだが、このレブルには丁度いい。

まさにストリートを流すにはうってつけのバイクで、気になるカフェやお店があったらすぐにストップできるし、細い路地にもスイスイ入っていける。

チェックポイントがまた面白い。まず「Lucky Wheels Garage」に立ち寄った。日本では充分に広い敷地面積だが、こちらでは「これぞLAスタイルのガレージ」と言わんばかりのこぢんまりとしたショップ。西海岸発のカスタムトレンドは、こういうところから生まれているのだ。

カスタムビルダーのエディンストンさんにとって、新型レブルはどう映るのか気になったから聞いてみると「スーパークールだぜ! なんだよ、この丸いスイングアームは?」とのこと。

そう、新型『レブル500』と『レブル300』のスイングアームは丸くて、目をひく。開発陣がこだわったポイントのひとつだ。

そもそもホンダ・レブルは1985年から発売され、日本ではすでに絶版となっていたが、こちらでは昨年まで売られていて、カスタムベースとしても定番のバイクだった。生まれ変わったレブルも、こういったガレージでがんがんカスタムされていくのだろう。

協力:ホンダ(試乗会)
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集