日本ガイシ、ポーランドの排ガス浄化用セラミックスの生産能力を増強

自動車 ビジネス 海外マーケット
SiC製DPF(左)とGPF
  • SiC製DPF(左)とGPF
日本ガイシは3月30日、ポーランドの製造子会社 NGKセラミックスポーランドの自動車排ガス浄化用セラミックスの生産能力を増強すると発表した。

NGKセラミックスポーランドは、炭化ケイ素(SiC)製ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)の生産拠点として2003年に設立。2004年に生産を開始して以来、生産能力と品目を段階的に拡大し、現在ではSiC製DPFやガソリン・パティキュレート・フィルター(GPF)など、4品目の自動車排ガス浄化用セラミックスを生産している。また、2017年2月にはSiC製DPFの生産のため、第2工場の操業を開始した。

今回の設備投資では、第1工場でGPFを、第2工場でSiC製DPFの生産能力を増強。投資額は2工場合わせて約290億円を予定しており、2020年4月までに生産能力をGPFは約3倍に、SiC製DPF(2工場合計)は約3割、段階的に引き上げる。

世界的な排ガス規制の強化や新興国を中心とした自動車販売台数の増加により、排ガス浄化用セラミックスの需要は拡大。欧州では2017年9月から、ガソリン車へのPM(粒子状物質)排出粒子数(PN)規制や実走行条件での排ガス試験が導入されることから、GPFの需要が増加する見通しだ。また中国やタイ、インドなどの新興国では排ガス規制が段階的に強化される予定で、ディーゼル車へのSiC製DPFの搭載が見込まれる。同社は今後も、自動車排ガス浄化用セラミックスの世界的な需要拡大に応じた増産設備投資を行い、効率的かつ安定的なグローバル生産・供給体制を構築していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集