【ホンダ レブル 西海岸LA試乗】肩肘張らずにイージーライドが楽しめる!! 西海岸でフリーダムを感じた

モーターサイクル 新型車

アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル500。
  • アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル500。
  • アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル300。
  • アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル500(写真左)とレブル300。
  • アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル500。
  • アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル300。
  • アメリカ・ロサンゼルスで初試乗したHonda レブル500。
  • 北米市場で新発売のHonda レブル300。
  • 日本でも発売予定のHonda レブル500。
スッキリと晴れ渡った青い空、気持ちの良い暖かい気候、開放的なムード漂うアメリカ西海岸で、いまバイクに乗っている。新しく発表されたばかりの『レブル500』と『レブル300』だ。

「アメリカン・ホンダモーター」(カリフォルニア州トーランス=Hondaの米国現地法人)は、メディア向け試乗会をカリフォルニア・ロサンゼルスのベニスビーチにて現在開催中で、日本からも記者が参加した。

今回の試乗会はいつもと様相が少し違う。通常ならテストライドを始める前に、開発陣が車両のコンセプトや技術的な説明をじっくりするのだが、そういったことは省かれ、とにかくこのフリーダムなムードの中、新登場の『レブル』に乗ってもらいたいというHonda 側の意図を感じる。

たしかに新型レブルのキャラクターは、目を三角にして「運動性能がどうだこうだ」という評価基準で見るべきじゃない。よくできたオートバイであることは間違いないのだが、肩肘張らずにノンビリとイージーライドが楽しめる。そこがイチバンの魅力!!

「あぁ、バイクって、なんて気持ちがいいんだろう」

エンジンを引っ張り上げずに、早めにシフトチェンジし、だらりとレブルでロサンゼルスのストリートを流していると、何度も何度もそう思う。

「このままレブルと一緒にビーチへ出て、夕暮れまでトロピカルジュース片手に大の字になって砂浜で寝っ転がっていようかな」

この日常からの解放感。オートバイに初めて乗ったときの気持ちを思い出す。

協力:ホンダ(試乗会)
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集