日産 リーフ、世界遺産・二条城の桜をライトアップ 3月24日より

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
LEAF to Home
  • LEAF to Home
  • 二条城桜まつり2017-桜の宴- Directed by NAKED

日産自動車は、3月24日から4月16日まで開催される「二条城桜まつり2017-桜の宴- Directed by NAKED」に協賛、桜のライトアップに『リーフ』で電力供給すると発表した。

世界遺産・元離宮二条城は、毎年、桜のライトアップに約7万人が訪れる京都でも有数の桜の名所。また、今年は大政奉還150周年の記念の年でもあり、国内外から多くの観光客が集まることが予想される。今年の二条城桜まつりは、京都市として初の試みとなる、ストーリー性のあるライトアップ、プロジェクションマッピングによる演出も行われる。

日産は、二条城桜まつりにて、パワーコントロールシステムを使った電力供給システム「LEAF to Home」を活用し、電気自動車リーフの駆動用大容量リチウムイオンバッテリーに蓄えた電力により、桜のライトアップ演出を行う。

LEAF to Homeは、動作音が極めて静かで、二条城の静粛さと厳粛さにも融合。また、CO2排出ゼロの電気自動車を利用することにより、地球温暖化や酸性雨などの悪影響を抑制し、顕著な普遍的価値をもつ建築物である世界遺産を劣化・腐蝕から保護することにもつながる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集