【レクサス LC】TRD、カスタマイズパーツ発表

自動車 ニューモデル 新型車
レクサス LCのTRDカスタマイズパーツ
  • レクサス LCのTRDカスタマイズパーツ
  • レクサス LCのTRDカスタマイズパーツ
  • レクサス LCのTRDカスタマイズパーツ
  • レクサス LCのTRDカスタマイズパーツ
  • レクサス LCのTRDカスタマイズパーツ
  • レクサス LCのTRDカスタマイズパーツ
TRD(トヨタ・レーシング・ディベロップメント)ブランドを手がけるトヨタテクノクラフトは3月16日、レクサス『LC』の発表に合わせて、カスタマイズパーツを設定した。

TRDのレクサスLC用パーツは、外装パーツのみ。「エアロダイナミックコントロール」、「トータルバランス」を開発テーマに、レースの興奮を予感させ、ドライバーとしての本能をたぎらせるカスタマイズアイテムを用意する。

エアロパーツは、シンプルでありながら空力性能のトータルバランスを追求。フロントスポイラー、サイドスカート、リアディフューザー、リアサイドスポイラー、リアスポイラーをラインナップ。

TRDは、エアロパーツを「BLACK EDITION」と命名。新しいツートンスタイルを提案した。これは、純正の多彩なボディカラーを、さらに魅惑的に見せる黒塗装のエアロパーツ。どのようなボディカラーでも引き立つよう、設計段階から吟味したデザインにしたという。

足元には、21インチの鍛造アルミホイールを用意。細いスポークがデザイン上の特徴。推奨のランフラットタイヤサイズは、フロント245/40RF21、リア275/35RF21となっており、迫力の足回りを演出する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集