三菱ふそう キャンター、インドネシアで累計販売100万台達成

自動車 ビジネス 海外マーケット
100万台達成記念の限定車両
  • 100万台達成記念の限定車両
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は3月16日、インドネシアで「コルトディーゼル」として販売する小型トラック『キャンター』が、1975年の発売以来、累積販売台数100万台を到達したと発表した。単一市場、単一商用車モデルの100万台達成は、商用車ブランドではFUSOが初となる。

三菱ふそうは1970年にインドネシア市場に参入し、翌年の車両発売以来、46年にわたりトップシェアを維持し続けてきた。コルトディーゼルは、インドネシアでの輸送需要が増え始めた1975年に発売。同国で人気を集め、今ではインドネシアの小型トラックでシェア55%を誇り、2016年には小型トラックの販売台数で首位を獲得している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、CBR1000RR をフルモデルチェンジ…軽量化とマス集中化で戦闘力アップ 画像 ホンダ、CBR1000RR をフルモデルチェンジ…軽量化とマス集中化で戦闘力アップ
  • ボッシュ、交通状況を自己判断する自動運転用オンボードコンピュータ開発へ 画像 ボッシュ、交通状況を自己判断する自動運転用オンボードコンピュータ開発へ
  • 三菱ふそう、ウガンダでのインフラプロジェクト向けに建設車両502台を納入 画像 三菱ふそう、ウガンダでのインフラプロジェクト向けに建設車両502台を納入
  • ホンダ、インドネシアで四輪車生産累計100万台…14年で達成 画像 ホンダ、インドネシアで四輪車生産累計100万台…14年で達成

特集