メルセデス、全世界で100万台リコール…火災のおそれ

自動車 テクノロジー 安全
メルセデスベンツCクラス
  • メルセデスベンツCクラス
ドイツの高級車、メルセデスベンツが、一部車両で火災のおそれがあるとして、全世界でおよそ100万台のリコールを実施する。

同社の米国法人が、当局に届け出た内容によると、今回のリコールは、エンジンの不具合が原因。エンジンスターターが不調をきたし、エンジンを何度か始動した際、電気系統が過熱して、火や煙で出るおそれがある。

リコールの対象となるのは、2015‐2017年モデルの『Cクラス』、『CLA』、『Eクラス』、『GLA』、『GLC』など。全世界で販売されたおよそ100万台が、リコールに該当する。

メルセデスベンツは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、ヒューズを追加するリコール作業を行う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【リコール】マツダ CX-5 など17万台、ディーゼルモデルにエンストや焼付きのおそれ 画像 【リコール】マツダ CX-5 など17万台、ディーゼルモデルにエンストや焼付きのおそれ
  • マツダ デミオ と アクセラ の運転席リコール、米国の17万台に拡大 画像 マツダ デミオ と アクセラ の運転席リコール、米国の17万台に拡大
  • 【リコール】スズキ エスクード、MTシフトレバー不具合で変速不能 画像 【リコール】スズキ エスクード、MTシフトレバー不具合で変速不能
  • BMWグループ、純利益は8%増と過去最高 2016年通期決算 画像 BMWグループ、純利益は8%増と過去最高 2016年通期決算

特集

おすすめのニュース