工事現場で無人トラックが暴走、はねられた警備員が死亡

自動車 社会 社会

10日午前10時ごろ、東京都北区内の区道で、下水道工事の現場に停車していたトラックが坂道を滑走。近くにいた73歳の男性警備員に衝突する事故が起きた。男性は死亡。警察はトラックの運転者から事情を聞いている。

警視庁・赤羽署よると、現場は北区赤羽台3丁目付近で片側1車線の緩やかなカーブで坂道となっている。付近では下水道の工事が行なわれており、トラックはエンジンを掛けたままの状態で停車していたが、無人(運転者不在)のまま滑走。近くで交通整理を行なっていた73歳の男性警備員をはねた。

男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打でまもなく死亡。警察はトラックの運転者から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で事情を聞いている。

事故を起こしたトラックは現場まで重機を輸送。荷台から重機を降ろした直後、運転者が目を離した隙に滑走を開始したという。警察では駐車措置が適切ではなかったものとみて、工事関係者からも事情を聞くなど、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集