叡山電鉄、2種類のフリーWi-Fiサービスを導入 3月1日から

鉄道 企業動向
叡山電鉄は観光客の利用が多い駅にフリーWi-Fiを導入する。写真はフリーWi-Fiが導入される出町柳駅。
  • 叡山電鉄は観光客の利用が多い駅にフリーWi-Fiを導入する。写真はフリーWi-Fiが導入される出町柳駅。
  • 叡山電鉄は観光客の利用が多い駅にフリーWi-Fiを導入する。写真はフリーWi-Fiが導入される宝ヶ池駅。
  • 叡山電鉄は観光客の利用が多い駅にフリーWi-Fiを導入する。写真はフリーWi-Fiが導入される八瀬比叡山口駅。
  • 叡山電鉄は観光客の利用が多い駅にフリーWi-Fiを導入する。写真はフリーWi-Fiが導入される鞍馬駅。
叡山電鉄(京都市左京区)は3月1日、観光客の利用が多い駅で無料公衆無線LANサービスを開始する。これにより訪日客向けのサービスを強化する。

発表によると、サービスは「KYOTO Wi-Fi」「Japan Free Wi-Fi KYOTO」の2種類を提供。叡山本線は出町柳・一乗寺・修学院・宝ケ池・八瀬比叡山口の5駅、鞍馬線は貴船口・鞍馬の2駅に導入する。対応言語は日本語・英語・韓国語・中国語(繁体字・簡体字)・タイ語になる。

叡山電鉄は「2種類のWi-Fiサービスを提供することにより、訪日外国人をはじめとするお客さまが、より快適にご利用いただける環境を提供いたします」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集