福島交通 飯坂線を引退する7000系2両は富山で解体、リサイクルへ

鉄道 企業動向

福島交通 飯坂線 7000系
  • 福島交通 飯坂線 7000系
  • 福島交通 飯坂線 7000系
  • 飯坂温泉
  • 福島交通 飯坂線 7000系
  • 飯坂温泉駅
  • 福島交通 飯坂線 7000系
  • 福島交通 飯坂線 7000系
  • 福島交通 飯坂線 7000系
福島交通 飯坂線に「25年ぶりの新形式車両」が走り出す。形式名は1000系。東急電鉄1000系を福島交通向けに改造、2両編成と3両編成の各1本ずつが2016年10月に福島へと渡った。福島交通は、現在活躍する7000系のうち2両を廃車する(写真16枚)。

東北新幹線 福島駅と「奥座敷」飯坂温泉を結ぶ福島交通 飯坂線は、東急電鉄線で1962年から登場した7000系16両(2両編成5本+3両編成2本)を1991年に譲り受けた。

中間車に運転台などを設置し先頭車化したことから、従来の7000系とは違うツルンとした顔が印象的。今回の1000系導入で、車いすスペース、車内液晶表示、2か国語案内、VVVF制御による省エネ化などが実現する。

福島交通は2月22日、「7101-7202、7103-7204、7105-7206の2両編成、7113-7315-7214の3両編成がまだ現役。1000系導入は継続し、2017年秋に2両+3両の5両を、2018年秋に2両+2両の4両が入ってくる。1000系が入るタイミングで7000系は同じ両数を廃車する」と話していた。

「今回、廃車される7000系 7111-7212 の2両は、社内敷地で2つに分割し、富山にあるリサイクル工場へトラックで運んで解体、資源リサイクル化される」

7111-7212 の「ラストラン」は2月25日。車庫が隣接する桜水駅を5時20分に出て、10時台まで福島~飯坂温泉間を往復し、引退する。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集