ヤマハ発動機、先行デザイン研究拠点の落成式を実施

モーターサイクル 企業動向
ヤマハモーター イノベーションセンター
  • ヤマハモーター イノベーションセンター
  • ヤマハモーター イノベーションセンター
  • ヤマハモーター イノベーションセンター
  • ヤマハモーター イノベーションセンター
  • ヤマハモーター イノベーションセンター
  • ヤマハモーター イノベーションセンター
  • ヤマハモーター イノベーションセンター
  • ヤマハモーター イノベーションセンター
ヤマハ発動機は2月22日、製品デザインの開発と新たなイノベーションを生み出す先行デザイン研究拠点「ヤマハモーター イノベーションセンター」の落成式を実施した。

ヤマハモーター イノベーションセンターは2016年12月に竣工、5階建て、延床面積8634平米の建屋で、オープンイノベーションを推進する開放的な空間レイアウトを採用する。広いクレイ(粘土による造形デザイン)ルームやターンテーブル2基を配した屋内プレゼンテーションルーム、自然光の下でデザイン評価ができる屋外プレゼンテーションスペースに加え、バーチャルデザインを可能にするデジタル設備などを完備。原寸モデルを用いたリアルなデザインとデジタルを活用したバーチャルなデザインを可能にするインフラとソフトを備えている。

同施設の開設は、1955年の会社創立以来、デザインを大切にしたモノ創りを続けてきたヤマハ発動機の意思を象徴するもの。同社では今後、デザイナーと技術者が共にクリエイティブな発想をかきたてることのできる刺激にあふれた空間として、新たな次元の発想やかたち、モノ創りの革新へ繋げていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集