三菱 アウトランダー 一部改良…予防安全機能強化など

自動車 ニューモデル 新型車
三菱アウトランダー
  • 三菱アウトランダー

三菱自動車は、ミッドサイズSUV『アウトランダー』に予防安全機能の向上や「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)」の設定など一部改良を施し、3月2日から販売を開始する。

予防安全機能では、衝突被害軽減ブレーキのセンサーをミリ波レーダーからカメラとレーザーレーダーを併用したシステムに変更。歩行者検知機能を追加するとともに、衝突回避性能を向上させた。また、車線逸脱警報システムの警報精度を向上させるとともに警報タイミングを最適化。さらに後側方車両検知警報システム、後退時車両検知警報システムを新たに採用したほか、誤発進抑制機能とパーキングセンサーをセットとしてメーカーオプション設定した。そのほか、オートマチックハイビームやマルチアラウンドモニター(一部グレード)を装備した。

メーカーオプションとして設定するSDAは、Apple CarPlayに対応。行き先を調べる、電話をかける、メッセージを送受信する、音楽を聴くなどをSiriやタッチスクリーンで行うことができる。さらに、高度な音声認識でGoogleマップなど各種アプリの操作が可能なAndroid Autoにも対応する。

エクステリアでは、フロントフォグランプをLED(リフレクタータイプ)として消費電力を抑えたほか、ロービーム灯火時のヘッドライトとの色調を統一。ルーフアンテナをスタイリッシュなシャークフィンタイプとした。インテリアでは、「漆箱」をモチーフに工芸品のような美しさを追求した大型センターコンソールを採用した。

価格は253万8000円から328万4280円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集