【リコール】日野デュトロ ほか21万9000台、駐車ブレーキなど3か所に不具合

自動車 テクノロジー 安全
日野デュトロ
  • 日野デュトロ
  • 改善箇所(パーキングブレーキレバー)
  • 改善箇所(インストルメントパネル固定金具)
  • 改善箇所(燃料フィルタケース)
日野自動車は2月14日、日野『デュトロ』などのパーキングブレーキレバーおよびインストルメントパネル固定金具、燃料フィルタケースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、小型トラック『デュトロ』、トヨタ『ダイナ200』『ダイナ300』『ダイナ400』『トヨエースG25』『トヨエースG35』『トヨエースG45』の7車種で、2006年9月29日~2016年11月25日に製造された21万8983台。内訳はパーキングブレーキレバーが17万5053台、インストルメントパネル固定金具が11万1473台、燃料フィルタケースが6万1739台。燃料フィルタケースについては2014年9月10日付ですでにリコールを届け出ているが、対策品で不具合が発生したため、対象範囲を見直し届出を行う。

パーキングブレーキレバーについては、引き上げた際、まれにレバー保持機構の歯先どうしがつり合って、レバーが確実に固定できず、その後、つり合いが外れてレバーが下がることがある。そのため、制動力が低下し、最悪の場合、車両が動き出すおそれがある。なお現時点で原因は判明していない。

当面の措置として、全車両、パーキングブレーキレバーに操作方法を記載したコーションプレートを貼り付け、レバーを確実に固定するための操作方法を通知を啓発する。原因が判明次第適切な措置を講ずる。不具合は31件発生、物損事故が13件起きており、うち1件は軽傷を負う被害が出ている。

インストルメントパネル固定金具については、端部処理が不適切なため、周囲に配索されたワイヤハーネスが干渉しているものがある。そのため、走行時の振動で被覆が損傷し、ワイヤハーネスと金具がショートして、最悪の場合、ワイパー等の機器類の機能が停止したり、走行中エンストして再始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、当該金具およびワイヤハーネスに保護材を取り付けるとともに、ワイヤハーネスを点検し、損傷している場合は補修を行う。不具合は91件発生、事故は起きていない。

燃料フィルタケースについては強度不足で、燃料圧力の変動およびエンジン振動により亀裂が入るものがあり、燃料漏れのおそれがある。不具合は20件発生、事故は起きていない。

いずれも市場からの情報により発覚した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【鈴鹿8耐】ホンダが新型CBR1000RR SP2を導入、6チームが参戦を表明 画像 【鈴鹿8耐】ホンダが新型CBR1000RR SP2を導入、6チームが参戦を表明
  • 【360度 VR試乗】日産 ノート e-POWER は氷上でも性能を発揮できるのか 画像 【360度 VR試乗】日産 ノート e-POWER は氷上でも性能を発揮できるのか
  • シトロエン C4ピカソ 新型、3月1日よりデリバリー開始…ディーゼルモデル導入 画像 シトロエン C4ピカソ 新型、3月1日よりデリバリー開始…ディーゼルモデル導入
  • 【東京オートサロン2017】日野 ジョイフル ・ダンプ…安全な力強さと優しさ[詳細画像] 画像 【東京オートサロン2017】日野 ジョイフル ・ダンプ…安全な力強さと優しさ[詳細画像]

特集

おすすめのニュース