BMWコネクテッド ドライブ、USBメモリで地図更新ができる新サービスを開始

自動車 テクノロジー ネット
BMWコネクテッド・ドライブ(イメージ)
  • BMWコネクテッド・ドライブ(イメージ)
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は2月3日、ユーザー自身がナビゲーションシステムの地図更新を行うことができる新サービス「USBマップ・アップデート」の提供を開始すると発表した。

USBマップ・アップデートでは、ユーザーが自宅のPCからユーザー専用ポータルサイト「My BMW ConnectedDrive」にアクセスし、地図データをUSBメモリーを介して車両にインストールすることができる。

対象モデルはBMWコネクテッド・ドライブ・スタンダードが搭載されている車両で、新車販売している全BMWモデル。また新車登録時に無償地図更新が付与されている車両は、USBマップ・アップデートを使って地図データを更新することも可能となる。地図更新が有償の場合、同サービスの販売価格は2年間で1万3000円で、期間中に年2回または年1回の地図データが配信される。地図データの配信頻度は、モデルやモデルの生産タイミングによって異なる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【360度 VR試乗】ユーチューバー女子から笑顔が消えた…「絶叫マシーン」コルベットGS の走り 画像 【360度 VR試乗】ユーチューバー女子から笑顔が消えた…「絶叫マシーン」コルベットGS の走り
  • 【シカゴモーターショー2017】スバル レガシィ 2018年型を出展予定 画像 【シカゴモーターショー2017】スバル レガシィ 2018年型を出展予定
  • 『ヤマト 2202』×スカイマークのコラボジェット機が就航 2月25日から 画像 『ヤマト 2202』×スカイマークのコラボジェット機が就航 2月25日から
  • 【キャンピングカーショー2017】バンやトラックも…BRIDEの人間工学に基づいたスポーツシート 画像 【キャンピングカーショー2017】バンやトラックも…BRIDEの人間工学に基づいたスポーツシート

特集