【オートモーティブワールド2017】ベトナム発、コネクテッドカー向けソフトウェア開発の提案

自動車 ビジネス 国内マーケット
FPTソフトウェア(オートモーティブワールド2017)
  • FPTソフトウェア(オートモーティブワールド2017)
  • FPTソフトウェア(オートモーティブワールド2017)
  • FPTソフトウェア(オートモーティブワールド2017)
  • FPTソフトウェア(オートモーティブワールド2017)
  • FPTソフトウェア(オートモーティブワールド2017)
  • ベトナムFPTソフトウェアのマルチ車線レーン検出システム
ベトナムに本社を置くFPTソフトウェアは1月18日、東京ビッグサイトで開幕した「第9回オートモーティブワールド/第5回コネクティッド・カーEXPO」に出展した。

同社はベトナムにおいて、最大かつ最も早く発展しているソフトウェアアウトソーシング企業の1つ。過去10年に、6000件を超えるソフトウェアアウトソーシングプロジェクトを手がけてきた。

同社は、オートモーティブワールド2017において、ADAS(先進運転支援システム)および コネクティッドカー向けに、費用対効果が高いソフトウェア開発を提案する。

その内容は、車載用インフォテインメントをはじめ、「eコックピット」、スマートアプリケーション / ユーティリティ、インターフェース & コネクティビティ、IoT および組み込み技術など。オートモーティブワールド2017のブースでは、FPGAベースのマルチ車線レーン検出システムやAGLベースの 360度サラウンドビューのライブデモを行う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集