【デトロイトモーターショー2017】メルセデス AMG GT に557馬力の「C」…クーペにも設定

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスAMG GT C(デトロイトモーターショー2017)
  • メルセデスAMG GT C(デトロイトモーターショー2017)
  • メルセデスAMG GT C
  • メルセデスAMG GT C
  • メルセデスAMG GT C
  • メルセデスAMG GT C
メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017において、『メルセデスAMG GT C』を初公開した。

メルセデスAMG GT Cは2016年秋、パリモーターショー2016で初公開された『メルセデスAMG GT Cロードスター』のクーペ版。標準グレードよりも、パワフルなエンジンを積むのが特徴。

直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、高出力化が図られており、最大出力557hp/5750-6750rpm、最大トルク69.3kgm/1900-5750rpmを引き出す。

このスペックは、標準版の『メルセデスAMG GT』の最大出力476hp、最大トルク64.2kgmに対して、81hp、5.1kgmの上乗せ。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトDCT7。動力性能は、0-100km/h加速3.7秒、最高速317km/h。標準版のメルセデスAMG GTの4秒、304km/hよりも、さらに速い。

足回りには、AMGスポーツサスペンションを採用。標準版にはないAMGライドコントロール仕様となり、減衰力が最適に調整される。タイヤサイズは、フロントが265/35R19、リアが305/30R20。ブレーキローター径は、フロントが390mm、リアが360mm。リアアクスルには、電子制御式のLSDを装備している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集