大手国内航空会社の遅延率11.33%に悪化、欠航率は1.05%に改善 2016年7~9月期

航空 行政
関西国際空港
  • 関西国際空港
  • 羽田空港
国土交通省は、2016年7~9月期の特定本邦航空運送事業者の航空輸送サービスに関する情報を公開した。

対象は、客席数が100席または最大離陸重量が5万kgを超える航空機を使用して航空運送事業を経営する日本の航空運送事業者。

それによると遅延率(出発予定時刻より15分を超えて出発)は前年同期と比べて1.95ポイントアップして11.33%に悪化した。最も遅延率が高いのはジェットスタージャパン、次いでピーチアビエーション、バニラエア、春秋航空日本と、LCC(格安航空会社)が上位を占めた。最も低かったのは日本航空だった。

欠航率は前年同期より0.39ポイント下落して1.05%に改善した。欠航率が最も高かったのはスターフライヤー、次いで春秋航空日本、ソラシド・エアが続く。最も欠航率が低かったのはスカイマークだった。

輸送実績では、合計輸送人員が前年同期比1.5%増の2532万9611人、旅客収入が同1.9%増の4063億3200万円だった。旅客人数トップは東京=札幌、2位が東京=福岡、3位が東京=那覇。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース