村田製作所、ADASや自動運転車向けに世界最大音量のブザーを開発

自動車 ビジネス 企業動向
車載市場向け表面実装型圧電サウンダ
  • 車載市場向け表面実装型圧電サウンダ
村田製作所は、車載市場向けに世界最大音量の表面実装型圧電サウンダ(ブザー)を開発した。

車載市場では、将来の自動運転の実現に向け、ADAS(先進運転支援システム)の技術開発が進んでいる。マンマシンインターフェースのひとつとして搭載されている発音部品も、運転中の警告音・報知音用途で一層の大音量化が求められている。

しかし、従来のピンタイプ型圧電ブザーは、実装状態のばらつきによる特有の実装異常や音色が変化する異音の問題がある。このため、高信頼性が求められる車載市場向け発音部品では、リフロー実装対応部品の要求が高まっている。

今回、これらの要求に対して、同社独自の材料技術と高精度な加工技術を応用し、従来品の約4倍(10~12dB増)の音圧を実現した高品質な車載用の表面実装型圧電サウンダを商品化した。

今後、スピードメーター、パワースライドドア、パワーテールゲート、パーキングアシストシステムなどへの採用拡大を目指す。

製品は昨年10月に量産を開始している。サンプル価格は200円/個。製品は、1月18日~1月20日に東京ビックサイトで開催される「カーエレクトロニクス技術展」に出展する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【オートモーティブワールド2017】村田製作所、農機の自動運転を支援するジャイロセンサなどを出展予定 画像 【オートモーティブワールド2017】村田製作所、農機の自動運転を支援するジャイロセンサなどを出展予定
  • 自動運転向けプロトタイプECUの開発期間を短縮できるツール、ルネサスとTTTechが共同開発 画像 自動運転向けプロトタイプECUの開発期間を短縮できるツール、ルネサスとTTTechが共同開発
  • 村田製作所、産業機器/車載向け高性能加速度センサを開発 画像 村田製作所、産業機器/車載向け高性能加速度センサを開発
  • 【ITS世界会議16】無線技術を使った交通インフラのカウントシステム…村田製作所 画像 【ITS世界会議16】無線技術を使った交通インフラのカウントシステム…村田製作所

特集

おすすめのニュース