【CES 2017】日産、DeNAと提携…完全自動運転車の実現に向けた実証実験へ

自動車 ビジネス 企業動向
ルノー日産のカルロス・ゴーンCEO(CES2017)
  • ルノー日産のカルロス・ゴーンCEO(CES2017)
日産は1月5日、米国ラスベガスで開催中のCES 2017において、ディー・エヌ・エー(DeNA)との間でパートナーシップを締結し、無人の完全自動運転車の実現に向けた実証実験を開始すると発表した。

今回の発表は、ルノー日産アライアンスの取り組みの一環。日産は、完全自動運転車の開発を目的とした実証実験をDeNAとともに開始する。第一段階として、まずは今年から日本の国家戦略特区において、無人運転技術の開発に集中的に取り組む。2020年までにはこれを拡大し、首都圏において、モビリティサービスでの技術活用の検証を含んだ実証実験を行う計画だ。

実験では、日産の車づくりのノウハウと最新自動運転技術を盛り込んだEVベースのプロトタイプを使用。DeNAは、モビリティサービス提供のためのITシステムの構築を担当し、オンラインおよびモバイルユーザー体験用の技術を提供する。

日産とDeNAは、この実証実験の遂行や関連する組織能力開発に向けて、必要な投資を積極的に行っていく。2020年までの4年間、実際の走行環境での実証を重ね、関連技術を継続的に改善・強化していくことで、大きな進歩を見込んでいる。

日産は、「様々な地域で自動運転のテストを実施しているが、無人運転車を含めた自動運転の開発計画を発表するのは、今回が初めて」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集