コンチネンタル、高解像度デュアルディスプレイを初量産…メルセデス Eクラス 用

自動車 ニューモデル 新型車
コンチネンタルの高解像度デュアルディスプレイが新型メルセデスEクラスに純正採用
  • コンチネンタルの高解像度デュアルディスプレイが新型メルセデスEクラスに純正採用
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、コンチネンタルは12月16日、高解像度デュアルディスプレイを初めて量産し、新型メルセデスベンツ『Eクラス』に純正採用されたと発表した。

新型Eクラスの内装で目を引くのは、ダッシュボード中央の大型モニター。12.3インチ(31.2センチ)のワイドディスプレイが設定される。また、ドライバー正面のメーターも、アナログとデジタルの2種類を用意。デジタルの場合、サイズは同じく12.3インチ。30センチ以上の巨大スクリーンが2つ並ぶ未来的なインテリアとなる。

2つの高解像度12.3インチワイドディスプレイは、2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイが特徴。空中に浮かんでいるように見え、インテリアデザインの水平方向の流れを強調する中心要素となっている。

また、インストゥルメントクラスターとなるこのコックピットディスプレイは、ドライバーの視野に直接入るべきさまざまな情報を表示する大型ディスプレイと、センターコンソール上方にセンターディスプレイを持つ。

コンチネンタルのインパネおよびドライバーHMI事業部のFrank Rabe代表は、「コンチネタルはこのセグメントにおいて、独特の提案を行っている」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ アクセラ 改良新型】ハッとするほど鮮明なヘッドアップディスプレイ…カラー化と高精細化で視認性向上 画像 【マツダ アクセラ 改良新型】ハッとするほど鮮明なヘッドアップディスプレイ…カラー化と高精細化で視認性向上
  • アルパイン、新型リアビジョンシリーズを発表…高精細WXGA液晶を搭載 画像 アルパイン、新型リアビジョンシリーズを発表…高精細WXGA液晶を搭載
  • ベントレー ミュルザンヌ、NASAの技術を活用した超高解像度画像を公開 画像 ベントレー ミュルザンヌ、NASAの技術を活用した超高解像度画像を公開
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース