【CES 17】独シェフラー、未来のEV用トランスミッションを初公開へ

エコカー EV
CES17のシェフラーブースのイメージ
  • CES17のシェフラーブースのイメージ
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、シェフラーは2017年1月、米国ラスベガスで開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー2017(CES 2017)において、未来のEV用トランスミッションを初公開する。

毎年1月に行われるCESには、世界中から家電、コンピューター、オーディオメーカーなどが参加。新製品や最新テクノロジーを披露する世界最大規模の見本市として知られる。

シェフラーはCES17において、未来のEV用トランスミッションを初公開する計画。このトランスミッションは、都市を走行する自動運転タクシーなどに適用可能なシステムとして開発された。

シェフラーのシステムでは、バッテリーを除くすべての駆動部品をホイール内に装着。シェフラーによると、これにより、スペースを有効活用した操作性の高い自動車が実現できるという。

シェフラーのペーター・グッツマーCEO代理兼CTO(最高技術責任者)は、「未来の都市空間では、最小の交通スペースと最大のモビリティが求められる。ホイールハブモーターなど、革新的なドライブコンセプトにより、新しいタイプのモビリティが可能になる。デジタル化において、これらは非常に重要な部品」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集