2016年年末年始のLCCの予約状況…ピーチとバニラエア国内線の予約率が大幅ダウン

航空 企業動向
ピーチ・アビエーション
  • ピーチ・アビエーション
  • ジェットスター・ジャパンA320
  • バニラエア(参考画像)
国内LCC(格安航空会社)各社は、2016年度年末年始(12月22日~2017年1月3日)の予約状況を公表した。

ピーチ・アビエーションの国内線の提供座席数は前年同期比2%増の14万3280席、予約数が横ばいの10万3478人。予約率は1.7ポイントダウンの72.2%。

国際線の提供座席数は同32%増の8万3700席、予約数が同29%増の6万9275人。予約率は2.0ポイントダウンの82.8%だった。

ジェットスタージャパンの国内線は提供座席数が同4.5%減の20万5560席、予約数が同3.8%減の12万9816人となっている。予約率は0.5ポイントアップの63.2%。

国際線は提供座席数が同47.9%増の3万2220席、予約数が同61.2%増の2万3670人となっている。予約率は6.1ポイントアップの73.5%となっている。

バニラエアの国内線の提供座席数は同2.5%増の4万3920席に対して予約数が同11.5%減の3万5031人と低迷。予約率は12.6ポイントダウンの79.8%となっている。

国際線の提供座席数が同53.3%増の5万0220席、予約数が同52.7%増の4万3208人。予約率は0.4ポイントダウンの86.0%となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集