関西エアポート、初年度黒字に…航空機発着回数増加で 2016年9月期決算

航空 企業動向
関西国際空港
  • 関西国際空港
  • 関西国際空港
関西国際空港と大阪国際空港を運営する関西エアポートは、第1期期末決算の純利益75億円の黒字になったと発表した。

2015年12月-2016年9月までの第1期会計年度の営業収益は891億円となった。営業利益は195億円、経常利益が115億円となった。

2016年3月までの関西国際空港、大阪国際空港の運営を開始するまでの準備経費として19億円の当期赤字を計上したが、2016年4月以降の両空港の運営により、航空需要が堅調に推移し、当期黒字となった。

韓国・台湾を含むアジア方面で、国際線旅客便が増加し、2016年上期(4~9月)の航空機発着回数は関西国際空港が年度上半期としては過去最高となった。大阪国際空港は、ほぼ前年並み。航空旅客数は、関西国際空港が前年に続き、国際線外国人旅客数が前年を上回る形で好調に推移したこともあって年度上半期として過去最高を記録した。大阪国際空港は、2年ぶりに前年を上回った。

同社の山谷佳之社長は「関西エアポートとしての初めての決算が、収益、利益ともに好調に推移した。外国からの顧客が過去最高を記録するなど、関西国際空港の旅客数が増加し、大阪国際空港でも旅客数が順調に推移したことが要因で、今後も空港機能の向上に注力し、関西経済に貢献したい」とコメントしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 関西国際空港、航空機発着回数が4%増の1万5151回 10月 画像 関西国際空港、航空機発着回数が4%増の1万5151回 10月
  • 成田国際空港、中国人の「爆買い」沈静化で減収減益 2016年中間決算 画像 成田国際空港、中国人の「爆買い」沈静化で減収減益 2016年中間決算
  • 羽田空港=大崎、高速バスが運行開始 12月17日から 画像 羽田空港=大崎、高速バスが運行開始 12月17日から
  • スカイマーク、搭乗率10.0ポイントアップの85.6%…羽田発着路線など好調 11月 画像 スカイマーク、搭乗率10.0ポイントアップの85.6%…羽田発着路線など好調 11月
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース