【エコプロ16】スバル、廃タイヤの舗装材への再利用などを紹介

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
スバル・ブースイメージ
  • スバル・ブースイメージ
富士重工業(スバル)は、12月8日から10日に東京ビッグサイトで開催される環境展示会「エコプロ2016」に出展する。

8回目の出展となるスバルブースでは、今年10月25日に発売した『インプレッサ スポーツ』の実車1台を展示する。また、スバル販売店から回収された廃タイヤの舗装材への再利用や、オイル交換時に発生する廃オイルを再生重油としてハウス暖房用燃料への再利用、海外事業所での環境保全活動など、同社の環境への取り組みを紹介する。

また、主催者イベント「エコカー乗車体験」では、インプレッサ スポーツの視界の良さやワンランク上の質感を体感することができる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 流行語大賞「神ってる」…当のカープ鈴木誠也選手は「少しイヤ」? 画像 流行語大賞「神ってる」…当のカープ鈴木誠也選手は「少しイヤ」?
  • 【クリスマス】サンタはどこ? Googleが追跡サイトをオープン! 画像 【クリスマス】サンタはどこ? Googleが追跡サイトをオープン!
  • GMジャパン、新型 カマロ を500万円切る価格で17年に発売へ 画像 GMジャパン、新型 カマロ を500万円切る価格で17年に発売へ
  • 富士重、環境省「エコアクション21」をスバルグループへ展開 画像 富士重、環境省「エコアクション21」をスバルグループへ展開

特集