JALと大韓航空、特典航空券の相互交換をスタート

航空 企業動向
大韓航空の運航機材 source: Korean Air
  • 大韓航空の運航機材 source: Korean Air
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)と大韓航空は12月1日から日本-韓国間の路線でマイレージプログラムの提携を開始する。

JALマイレージバンク会員は貯めたマイルを大韓航空が運航するソウル(仁川)と日本12地点、ソウル(金浦)と2地点、プサンと5地点、済州島と2地点を結ぶ路線の特典航空券(12月3日以降の搭乗)と交換できる。

一方、大韓航空のスカイパス会員は貯めたマイルをJALが運航するソウル(仁川)=東京(成田)、ソウル(金浦)=東京(羽田)、プサン=東京(成田)線の特典航空券と交換することができる。

JALと大韓航空は「利用客の利便性向上と更なるサービス拡充にチャレンジする」としていて、今後の展開が注目される。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集