福島県沖でM7.4の地震…東日本の鉄道各線も一時運休

鉄道 企業動向
11月22日5時59分頃、福島県沖でマグニチュード7.4と推定される地震が発生した。東日本大震災の余震と見られる。気象庁は福島・宮城両県に津波警報、青森・岩手・茨城・千葉各県に津波注意報を出したが、13時までに全て解除した。

この影響で、JR東日本や東北地方の私鉄、第三セクター鉄道も列車の運転を見合わせたが、順次再開している。11月22日16時10分時点で運転を見合わせているのは東北本線の黒磯~郡山間のみ。ただし再開した路線では一部列車の運休や遅れが発生している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 鉄道の災害運休区間、約78km減少 10月末 画像 鉄道の災害運休区間、約78km減少 10月末
  • 石勝線・根室本線の代行バス、新得便を追加設定…十勝清水駅も停車 画像 石勝線・根室本線の代行バス、新得便を追加設定…十勝清水駅も停車
  • 中国山地縦断の三江線、2018年3月末限り廃止へ…JR西日本、国交相に届出 画像 中国山地縦断の三江線、2018年3月末限り廃止へ…JR西日本、国交相に届出
  • JR東日本、秋田の新屋駅をリニューアル…まちづくりと連携 画像 JR東日本、秋田の新屋駅をリニューアル…まちづくりと連携

特集