バニラエア、年末年始に成田=新千歳便を増便…1日最大8便運航

航空 企業動向
バニラエア(参考画像)
  • バニラエア(参考画像)
バニラエアは、12月29日~2017年1月5日の年末年始の8日間、東京(成田)=札幌(新千歳)線を増便し、同期間で同路線を運航する航空会社で最多となる1日最大8便を運航する。

今回の増便では、年末年始の休暇が始まる12月29日、30日の2日間と、休暇終わりにあたる1月2日、3日の計4日間を中心に、朝・昼・夜それぞれの時間帯で1便ずつ増やす。旅先での時間を有意義に使える朝・夜と、空港アクセスがしやすい昼に増便することで利便性を高め、冬休みの旅行や帰省客が柔軟に旅のスケジュールを組めるよう工夫したとしている。

また、1月4日、5日の2日間も当初計画の4便体制から増便する。

運賃はコミコミバニラ(片道)料金で6890円から。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集