椿本チエイン、個人情報6万4742件流出の可能性…TT-net に不正アクセス

自動車 ビジネス 企業動向
椿本チエインは、外部からの不正アクセスによって個人情報が流出したと発表した。

同社が管理・運用している「TT-net」(つばきパワトラ総合技術サイト)で、外国籍サーバーからの不正アクセスがあり、会員登録している顧客情報の一部が流出したことが判明した。

TT-netは、チェーン、減速機など同社パワトラ商品のカタログ情報、アプリケーション事例、外形図面や選定ツールなどを提供する技術情報提供サイト。

流出した可能性がある会員情報はメールアドレス、氏名、ログインユーザー名、パスワード。不正に閲覧された可能性のある会員数は6万4742人。

同社では、TT-net登録会員全員に、11月11日付けでメールで個別にお詫びを伝えるとともに、パスワード再設定を要請。サイトは、セキュリティ対策を完了したサービスメニューより順次再開する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 椿本チエイン、チェーン事業が低調で減収減益 4-6月期決算 画像 椿本チエイン、チェーン事業が低調で減収減益 4-6月期決算
  • 【新聞ウォッチ】JTB、標的型メールでパスポート番号など793万人の個人情報流出 画像 【新聞ウォッチ】JTB、標的型メールでパスポート番号など793万人の個人情報流出
  • NTT関連会社と新電力会社、顧客・社員情報を誤って公開 画像 NTT関連会社と新電力会社、顧客・社員情報を誤って公開
  • 『タミヤ』に不正アクセス被害…個人情報10万件超が流出か 画像 『タミヤ』に不正アクセス被害…個人情報10万件超が流出か

特集

おすすめのニュース