全長4メートルの乗用人型変形ロボット、量産化へ加速…大河原邦男氏も協力

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
「J-deite RIDE」の完成イメージ図<ロボットモード>
  • 「J-deite RIDE」の完成イメージ図<ロボットモード>
  • 「J-deite RIDE」の完成イメージ図<ビークルモード>
  • 「J-deite RIDE」デザインイメージ1 メカデザイン協力・大河原邦男氏によるアイデアスケッチ
  • 「J-deite RIDE」デザインイメージ2 メカデザイン協力・大河原邦男氏によるアイデアスケッチ
  • 「J-deite RIDE」仕様
ソフトバンクグループのアスラテック、三精テクノロジーズ、BRAVE ROBOTICSの3社は11月11日、有限責任事業組合(LLP)を設立し、乗用人型変形ロボット「J-deite RIDE(J-ダイト・ライド)」を共同開発すると発表した。

J-deite RIDEは、人型(ロボットモード)と車型(ビークルモード)とに完全変形できる、全長約4メートルのロボット。BRAVE ROBOTICSおよびアスラテックが参画する変形ロボット製造プロジェクト「Project J-deite」の一環として、2015年6月より開発を開始。メカニックデザインには大河原邦男氏も協力しており、ロボットモードでは二足歩行が可能で、ビークルモードでは人が乗って運転できるようになる予定だという。

今回、新たに三精テクノロジーズが「J-deite RIDE」の開発に参画。3社で「J-deite RIDE」の開発を加速させ2017年中の完成を目指し、テーマパークや各種イベントへの参加、一般企業のプロモーション活用などによる事業化を図る。

また、三精テクノロジーズを中心に、量産化を視野に「J-deite RIDE」をベースにしたアミューズメントパーク向け乗用人型変形ロボットの開発も進めていく。それに関連し、11月14日より米国オーランドで開催される世界最大級のアトラクション関連トレードショー「IAAPA Attractions Expo 2016」に全長約1.5メートルのプロトタイプを出展する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集