ヤマハ、2016年の電動アシスト市場は12%成長「再び成長軌道に乗った」

自動車 ビジネス 企業動向
ヤマハ発動機 電動アシスト自転車PAS 新型ファミリーモデル 発表会
  • ヤマハ発動機 電動アシスト自転車PAS 新型ファミリーモデル 発表会
  • ヤマハ発動機 電動アシスト自転車PAS 新型ファミリーモデル 発表会
  • ヤマハ発動機 電動アシスト自転車PAS 新型ファミリーモデル 発表会
  • ヤマハ発動機 電動アシスト自転車PAS 新型ファミリーモデル 発表会
  • ヤマハ発動機 ビークル&ソリューション事業本部SPV事業部 マーケティング部長 清水亘 氏
ヤマハ発動機は11月8日、2016年の電動アシスト自転車市場が前年比12%の伸びを見せるとの見通しを明らかにした。

ヤマハの電動アシスト部門であるビークル&ソリューション事業本部SPV事業部でマーケティング部長を務める清水亘氏は同日、都内で開いた新型モデルの発表会で、電動アシスト自転車市場について「2016年は前年比112%と成長していくものと我々はみている。昨年は消費増税前の駆け込み需要の反動で市場の伸びが停滞し、ほぼ同100%だったが、16年は112%ということで再び成長軌道に乗ったと確信している」と述べた。

そのうえで「今後も引き続きマーケットは成長していくものと認識している。その中でヤマハの重点カテゴリーとして子育て層向け、通学用、シニア向け、そしてスポーツモデルの4つが戦略的商品になると認識し、そこに活動の重点化を図っていく」と強調した。

このうち同日発表した子育て層向けの新型モデルについては「ヤマハはお母様方のことを考えて開発を進めたモデルで、テーマとしては軽さへの挑戦。軽さとは単に車体の軽さだけではなく、やはりお母様方の心の負担を軽くする、いわゆる扱いやすさい車体を一から見直した」と紹介した。

またスポーツモデルに関しては「昨年、『YPJ-R』というモデルを発表し、スポーツサイクルの市場を開拓するというアクションをとってきた。初年度の販売計画1000台に対して、すでに1000台を超える実績を上げて、順調にスポーツサイクル市場の開拓を進めている。それに加えて今年からは『YPJ-C』というクロスタイプのモデルも出して市場の活性化を図っていきたい」と話した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • パナソニックサイクルテック、幼児2人乗せ電動アシスト自転車を発売…充電走行距離を35%アップ 画像 パナソニックサイクルテック、幼児2人乗せ電動アシスト自転車を発売…充電走行距離を35%アップ
  • 補助力の強すぎる電動アシスト自転車、7製品の使用自粛を呼びかけ---消費者庁 画像 補助力の強すぎる電動アシスト自転車、7製品の使用自粛を呼びかけ---消費者庁
  • 女子中高生向け自転車に電動アシスト、ブリヂストンサイクルが設定 画像 女子中高生向け自転車に電動アシスト、ブリヂストンサイクルが設定
  • ヤマハ発柳社長、電動アシスト自転車「若者層の取り込みが始まった」 画像 ヤマハ発柳社長、電動アシスト自転車「若者層の取り込みが始まった」

特集

おすすめのニュース