【MFJ全日本ロードレース最終戦】Race1はレオン・ハスラムとの激戦の末、中須賀克行が優勝し5連覇達成

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2016MFJグランプリ(JSB1000)
  • 2016MFJグランプリ(JSB1000)
  • 2016MFJグランプリ(JSB1000)
  • 2016MFJグランプリ(JSB1000)
  • 2016MFJグランプリ(JSB1000)
  • 2016MFJグランプリ(JSB1000)
  • 2016MFJグランプリ(JSB1000)
  • 2016MFJグランプリ(JSB1000)
  • 2016MFJグランプリ(JSB1000)
2016年の全日本ロードレース選手権の最終戦「第48回MFJグランプリ スーパーバイクレースin鈴鹿」の決勝Race1が行われ、JSB1000クラスは中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が優勝。5年連続のシリーズチャンピオンに輝いた。

1周5.807kmの鈴鹿サーキットを8周という超短期決戦で行われたRace1。ポールポジションからスタートした中須賀がトップを死守し1コーナーへ。そのまま後続を引き離して、いつも通りの独走体制を築くかと思われたが、2周目のデグナーカーブで今回スポット参戦を果たしているレオン・ハスラム(TeamGREEN)がトップに浮上。ブリティッシュ・スーパーバイクでも活躍し鈴鹿8耐でも優勝経験のあるハスラムと全日本5連覇を目指す中須賀と一瞬も目が離せない展開。周回を重ねるため度にポジションを入れ替える激戦となったが、7周目のシケインで中須賀がトップに立つと、最終ラップはハスラムの猛追を振り切り、そのままゴール。今季5勝目を飾るとともに、前人未到の5年連続で通算7回目となるシリーズチャンピオンを獲得した。

2位にハスラム、3位には渡辺一樹が続きTeamGREEN勢が表彰台の一角を占めた。

レース前は緊張した表情も見られた中須賀だったが、自身が“絶対条件”と語っていたチャンピオンをRace1で決めることができ、表彰式でも笑顔が絶えなかった。この後、Race2も控えており、中須賀の連勝に注目が集まっているが、彼を最後まで苦しめたハスラムの走りから目が離せない。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集