カーシェアの鍵の開閉を安全に…トヨタと米企業が協業

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタが開発したスマートキーボックス
  • トヨタが開発したスマートキーボックス
  • トヨタが開発したスマートキーボックスのシステム図
  • トヨタが開発したスマートキーボックス
トヨタ自動車は10月31日、米国のカーシェアリング事業者の「Getaround」社との協業を開始すると発表した。

今回の協業は、トヨタがモビリティサービス・プラットフォーム(以下、MSPF)の一機能として、カーシェアリングでの安全かつ安心なドアロックの開閉や、エンジン始動を実現するために開発したスマートキーボックスの実用性を確認するのが目的。この実証プログラムを、米国で個人間カーシェアビジネスを手がけるベンチャー企業、Getaround社と共同で、カリフォルニア州サンフランシスコを皮切りに、2017年1月より開始する。

これまでカーシェアリングを利用するには、利用者と車両の所有者がコンソールボックス内に鍵を置くなどして受け渡しを行うか、特殊な通信装置を車両のCAN(車両情報を伝送するネットワーク規格)に直接接続することで、鍵の開閉などを行っていた。そのため、セキュリティ面での課題があった。

今回開発したスマートキーボックスは、車両を改造することなく、所有者が端末を車内に設置するだけで、利用者は自身のスマートフォンで鍵の開閉、エンジン始動ができるようになる。安心かつ安全に車両の貸し借りを行うことを可能とする。

具体的には、車両の所有者がスマートキーボックス端末を車内の任意の場所に設置。車両の利用者は、スマートフォン上のアプリを操作することで、トヨタスマートセンターからスマートキーボックス端末にアクセスするための暗号キーを受信。利用者がそのスマートフォンを車両に近づけると、スマートキーボックス端末との間で暗号キーが認証され、通常のスマートキーと同様に鍵の開閉などの操作を行える。操作可能な時刻や期間は、利用者の予約内容に応じてセンターで設定・管理される。

今後トヨタは、MSPFの幅広い活用を推進していく予定。トヨタは、「日本国内おいては、レンタカーの無人貸出しサービスなどへの活用も、今回のスマートキーボックスの実証結果を踏まえ、検討していく」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース