三菱ふそう、国内バス事業の機能拡充…生産と販売の連携強化

自動車 ビジネス 国内マーケット
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、バス事業本部に国内バス販売機能および、富山市のバス製造子会社 三菱ふそうバス製造(MFBM)を11月1日付で配置すると発表した。

MFTBCの国内バス事業は、従来MFTBCが企画、開発、品質保証、コンポーネント供給、アフターサービスおよび販売を担当し、MFBMが仕様設計、生産、車体のアフターサービス等を担当していた。今回の事業変更は、国内バス事業において、富山を事業拠点とした生産と国内販売の連携強化が目的だ。

バス事業本部の下に、バス販売および生産を担うMFBMを配置し、生産と販売の連携を強化する。なお、MFTBCバス事業本部長は、MFBMの菅野秀一社長が兼務し、国内販売、生産に関する責務を担う。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集