ホンダ 倉石副社長、「すべて単独でという時代ではない」…提携に積極方針

自動車 ビジネス 企業動向
倉石副社長
  • 倉石副社長
  • 本田技研工業 本社(東京青山)
ホンダの倉石誠司副社長は10月31日の決算発表会見で、提携方針について「すべて単独でという時代ではない。双方にとってウィン・ウィンの関係なら積極的にやるべきと思っている」と語った。

国内自動車メーカーによる提携が活発化しており、ホンダの基本的な考え方を質され、答えた。倉石副社長は「当社は単独とのイメージがあるが、これまでも他社と協力してきたし、直近もGM(ゼネラルモーターズ)と燃料電池の開発を進めている」と指摘した。

そのうえで、双方に利益があり「お客様に価値の高い商品をお届けできるなら、前向きに取り組みたい」と述べた。提携パートナーについては、自動運転技術やAI(人工知能)といった開発課題から、自動車業界にとどまらず「すでに進めているが、業種にこだわらず協力関係を組んでいきたい」と話した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、通期営業利益予想を6500億円に上方修正 画像 ホンダ、通期営業利益予想を6500億円に上方修正
  • ホンダ、円高影響も売上減も新型車投入などで営業益22.5%増 中間決算 画像 ホンダ、円高影響も売上減も新型車投入などで営業益22.5%増 中間決算
  • 【ホンダ×ヤマハ発提携】電動バイク開発でも業務提携を検討、他社にもフィードバック 画像 【ホンダ×ヤマハ発提携】電動バイク開発でも業務提携を検討、他社にもフィードバック
  • 【インタビュー】三菱自の17年度V字回復に自信…ゴーン日産社長 画像 【インタビュー】三菱自の17年度V字回復に自信…ゴーン日産社長

特集