タカタ製エアバッグの異常破裂、米国で新たな死者…11人目

自動車 テクノロジー 安全
ホンダシビック2002年型
  • ホンダシビック2002年型
世界的規模に拡大したタカタ製のエアバッグインフレータの不具合問題。このタカタ製エアバッグの異常破裂によって、米国で新たな死者が出た。

これは10月20日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「タカタ製エアバッグの異常破裂が原因とみられる事故により、乗員1名が死亡した」と発表している。

NHTSAによると、この事故は9月末、米国カリフォルニア州で発生。車両は、ホンダ『シビック』の2001年モデルだった。この事故で、50歳の女性ドライバーが死亡した。

このシビックは2008年に、リコール(回収・無償修理)の対象車に指定されていた。しかし、事故の時点では、リコール作業を受けていない車両だった。

NHTSAは、「タカタ製エアバッグの異常破裂が原因と見られる事故による死者は、米国で11人目」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【新聞ウォッチ】欠陥エアバッグで経営悪化のタカタ、支援にダイセルなど5陣営応札 画像 【新聞ウォッチ】欠陥エアバッグで経営悪化のタカタ、支援にダイセルなど5陣営応札
  • タカタ製エアバッグのリコール、1000万個を修理…米国 画像 タカタ製エアバッグのリコール、1000万個を修理…米国
  • タカタ、リコール関連の特損35億円計上で最終利益32.9%減 第1四半期決算 画像 タカタ、リコール関連の特損35億円計上で最終利益32.9%減 第1四半期決算
  • マツダ デミオ、中国でリコール…タカタ製エアバッグの不具合 画像 マツダ デミオ、中国でリコール…タカタ製エアバッグの不具合

特集